資料請求はこちらから

コンテンツ

常磐神社

明治初年、徳川光圀と徳川斉昭の徳を慕う水戸藩士により偕楽園内に祠堂が建てられました。
明治6年(1873年)3月に「常磐神社」の社号が、10月にそれぞれの祭神の神号が勅旨により定められ、明治7年(1874年)に現在地に社殿が造営され、明治15年に別格官幣社に列格しました。
ドラマ水戸黄門でおなじみの葵紋の印籠を模った印籠守を授与しております。

「水戸黄門」「黄門様」の名称でおなじみの、徳川御三家 水戸光圀公がまつられています。
時代劇好きはもちろんのこと、水戸の偕楽園も近い、水戸駅も近いという立地条件も最高です。