資料請求はこちらから

コンテンツ

水戸八幡宮

誉田別尊(ほんだわけのみこと) 第十五代應神天皇(おうじんてんのう)・息長足日売尊(おきながたらしひめのみこと)神功皇后(じんぐうこうごう)姫大神(ひめのおおかみ)を祀っています。
遠く日光、久慈の連山、那珂川の清流を眼下に望む老杉鬱蒼とした高台に位置し、茨城百景、茨城観光百選、市民が選ぶ水戸百景に上位で選定されています。

国指定の文化財で結婚式を挙げる事が出来ます。
「八幡なる神の社の御葉付の公孫樹のごとく千代に栄えむ」と和歌に謳われる銀杏の木があります。