資料請求はこちらから

神社で結婚式

「神社で結婚式」を選んだアナタにオススメの会場です♪

「ふたりらしい」スタイルにあった結婚式場、パーティ会場の紹介を致します。
結婚情報雑誌よりも、濃厚な情報を…(*´∇`*)実際に撮影に携わったフォトグラファーの経験をもとに、外側から、内側から見た会場の姿をご案内致します。

結婚が決まったけれど、「さて、どうしたらいいのか分からない」という方も是非ご相談ください。もちろん相談料は頂きません。結婚式ってぶっちゃけどうなの?という相談にも乗ります!

2013626153726.jpg

 

筑波山神社

筑波山は、関東地方に人が住むようになったころから、信仰の対象として
仰がれてきました。御山から受ける恵みの数々は、まさに
神からの賜物でありました。その山容が二峰相並ぶため、
自然に男女二柱の祖神が祀られました。
その後祖神は「いざなぎの神、いざなみの神」と日本神話で伝えることから、
筑波の大神も「いざなぎ、いざなみ両神」として仰がれています。

茨城県民で『筑波山』を知らない人はいないでしょう。
校歌に必ず出てくる単語であり、遠足などで行く鉄板のスポット筑波山神社。
ここで結婚式を挙げる方こそ、真の茨城県民かもしれません(*´∇`*)

 

常陸國總社宮

茨城県石岡市に鎮座する総社神社です。
9月に行われる当社の常陸國總社宮例大祭は、関東三大祭の一つで通称「石岡のおまつり」として知られています。
起源は8世紀頃に武家階級の武運長久、五穀豊穣を祈願し、それが庶民に広まったと言われています。
現在では祭りの3日間に約40万人の観光客が訪れ、山車14台、獅子32台が町中を練り歩き無病息災・交通安全等を願う祭りとして大変有名です。

「石岡のおまつり」といったら、山車だっぺよ!というくらい県内では有名な神社です。
さらに 関東三大祭 のひとつでもあります。
奈良時代から続く、由緒正しき神社です。日本人らしく白無垢紋付袴で、家族みんなでお祝いしたい方には、ぜひとも紹介させて頂きたい神社です。

 

常磐神社

明治初年、徳川光圀と徳川斉昭の徳を慕う水戸藩士により偕楽園内に祠堂が建てられました。
明治6年(1873年)3月に「常磐神社」の社号が、10月にそれぞれの祭神の神号が勅旨により定められ、明治7年(1874年)に現在地に社殿が造営され、明治15年に別格官幣社に列格しました。
ドラマ水戸黄門でおなじみの葵紋の印籠を模った印籠守を授与しております。

「水戸黄門」「黄門様」の名称でおなじみの、徳川御三家 水戸光圀公がまつられています。
時代劇好きはもちろんのこと、水戸の偕楽園も近い、水戸駅も近いという立地条件も最高です。

 

護国神社

明治11年(1878年)、明治維新前後(嘉永6年以降)に殉じた水戸藩士約1800柱を祀るため、常盤神社の境内の現在の東湖神社の場所に立てられた鎮霊社を起源としています。
その後、茨城県出身の殉国者を逐次合祀してまいりました。
1939年4月に鎮霊社護国神社に改称し、昭和15年(1940年)に独立の神社となり、昭和16年(1941年)10月、内務大臣指定護国神社となって茨城県護国神社に改称し、同年11月に現在地の偕楽園内の桜山に遷座しました。

長い参道を、親族の方といっしょに参進します。それはとても荘厳で日本の結婚式といった趣き。
凛とした空気に包まれ、家族みんなに祝福されて、地元の神社で結婚式。
白無垢に紋付袴で、いかがでしょうか。

 

水戸八幡宮

誉田別尊(ほんだわけのみこと) 第十五代應神天皇(おうじんてんのう)・息長足日売尊(おきながたらしひめのみこと)神功皇后(じんぐうこうごう)姫大神(ひめのおおかみ)を祀っています。
遠く日光、久慈の連山、那珂川の清流を眼下に望む老杉鬱蒼とした高台に位置し、茨城百景、茨城観光百選、市民が選ぶ水戸百景に上位で選定されています。

国指定の文化財で結婚式を挙げる事が出来ます。
「八幡なる神の社の御葉付の公孫樹のごとく千代に栄えむ」と和歌に謳われる銀杏の木があります。

 

笠間稲荷神社

茨城県笠間市にある神社(稲荷神社)です。旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社となっている。
別称胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)、紋三郎稲荷、祭神は宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)である。
五穀豊穣、商売繁盛の神として古くから厚く信仰され、関東はもとより日本各地から年間350万人の参拝客が訪れます。また、正月三が日の初詣には80万人以上の参拝者が訪れます。
日本三大稲荷の一つとされています。

生命の根源を司る「いのち」の根の神として農業、工業、商業、水産業など、あらゆる殖産興業の守護神として人々の生活すべてに御神徳を授けて下さる神さまを祀っています。
これからのお二人の人生が豊かなものになるように、「いのち」を祝福いたします。
笠間稲荷に初詣など、思い出深い神社ではないでしょうか。

 

食楽懐石 風土庵

 食楽懐石 風土庵

神社で結婚式をした後は、ご家族でお食事会などは如何ですか??
カフェ、料亭、レストランなどご希望をお伺いして、ご紹介いたしますm(o^ω^o)m

土作りからはじまり、丹精の籠もった野菜が主役

土作りから始まり、丹精の籠もった野菜がここの主役です。
慈しみ、感謝しながら日々精進しております。特別なおもてなしはできませんが百年のときとともにごゆるりとお過ごしください。

家族に食べさせるつもりで最良の素材を選び、心を込めて作る

「顔がわかる地元の生産者の材料だけを使うのでフィックスのメニューもありませんが、それがお客様に対して誠実であるということ」と、食や栄養の大切さを野掘オーナーは語る。

Photo Gallery

食楽懐石 風土庵
食楽懐石 風土庵
食楽懐石 風土庵
食楽懐石 風土庵
食楽懐石 風土庵
食楽懐石 風土庵