資料請求はこちらから

ギリさんのブログ

猫は家族なのです。

三度の飯より猫が好き。

でも、飯も好きなんです。

 

こんにちは、ギリさんです。

今日、かなり長い年月放置してしまっているmixiにログインしてみました。

 

2005年から・・・

丁度僕が飲食店をやめて、実家に帰る頃からはじめてます。

恥ずかしい日記ばかりなのですが、そんな中でとても懐かしい写真を見つけました。

 

2013921081.jpg 20139210830.jpg

赤ちゃんのころのビタちゃんです。

 

ビタちゃんはチョコちゃんの息子で、5歳になります。ウチの長男のむーと一緒に育ちました。

201392101344.mov

初めはチョコちゃんだけがウチの庭に遊びに来ていて、(よくないけど)ご飯をあげていたら

庭に居着くようになりました。

 

そしてある日、よく見るとチョコちゃんのお腹が大きくなっていました。

数日後の雨上がりのある日、庭の花壇の下から「みぃ?みぃ?」と鳴き声が。

どこでどう産んだのかわかりませんが、最初からビタ一匹でした。

チョコの息子で黒いから「ビター」ということで名付けたのですが、いつの間にか

ビタになってましたw

 

 

しばらく庭で外飼い状態をしており、毎日少しずつ歩いたり網戸をよじ上ったり、

平和ボケしていたある日、出勤中に嫁さんから電話がきました。

あまり鳴かないチョコちゃんが酷く鳴いているので、外にでたところ、アパート敷地内でビタが車にひかれたらしく

血まみれでチョコちゃんに引っ張られているところを保護し、即病院へ行ってそのまま手術、入院となりました。

201392103719.jpg 201392103740.jpg

レントゲンを撮ると、足の骨が完全に折れてしまっています。

折れた所に金具を入れ、しばらく固定することに。

 

「足に障害がのこるかもしれない」

お医者さんはそう言ってました。

 

この時、始めて自分たちがやっていたことに後悔をしました。

曖昧な飼い方をした、僕の責任です。

 

ビタを病院に預け、家に帰るとチョコちゃんが玄関に半死状態の「カエル」をくわえてきました。

僕たちには「息子をよろしくお願いします。」と聴こえました。涙が出た。

 

 

・・・いろいろと心配したが、奇跡的にビタは回復し、足を引きずりながらも我が家に帰って来た。

201392104633.jpg

しばらくは足を引いていたが、そんなことはお構いなしに家中を走り回っていました。

そして、いつの間にか引きずることもなくなりました。

 

このビタの退院を期に、チョコとビタを部屋飼いすることに決めました。

ペット禁止物件でホントはNGなんですが・・・ww

 

 

今では2匹とも元気です。

チョコちゃんはいつもすり寄って来るし、ビタは出勤と帰宅時にいつも玄関にいます。

今は隣で寝てますw

20139211556.JPG

我が家には現在、4匹の猫が生活をしています。

その中でも、今回お話をした2匹の親子は、僕にとってとても特別な存在で

深い絆で繋がっています(と、僕は思ってますw)これからもずっと一緒です。

子供達が成人するまでずっとずっとうちにいてね!!

 

他の若い2匹はまた次の機会に紹介したいと思います。

我が家の玄関には、子供たちとビタチョコ親子の写真が飾られてます。家族の印です。

20139211377.JPG