資料請求はこちらから

ギリさんのブログ

5年前の震災で学んだこと。

熊本を中心とする大地震被災者の方々にお見舞い申し上げます。


茨城でも5年前の震災や竜巻被害、昨年には大雨による大洪水など、たくさんの災害を経験してきました。
この度は被災者の方々へ少しでも力になれればと、日本赤十字へ義援金募金をさせて頂きました。


はじめは撮影会で募金を、と考えたのですが、デリケートな問題でもあり、

被災地近くに住む知人のアドバイス等を受け、慎重に考え今回の結論に至りました。


まだ余震が続いていて不安な日々が続いていると思いますが、

被災者の方々が1日でも早く安心して眠れる日が来ることをお祈りしております。

 

 

この度の地震で、沢山の方が5年前の東日本大震災のときのことを思い出したと思います。

私もその1人です。

 

あの時は自分も被災しており、正直、何がなんだか分からないまま

外で人の写真を撮って、それをブログにアップしてました。

 

「自分より被害の大きかった人たちに対して、どう思えばいいのか?」

それが一番苦しかったことを覚えています。

 

物資を送るのか?

 

現地にボランティアとして向かうのか?

 

義援金を送るのか?

 

・・・全部正確だと思います。

 

 

ただ、人によって出来る人もいれば、出来ない人もいるということを忘れてはいけないと思います。

 

「行動する人は素晴らしいが、出来ない人を決して責めては行けない」

それを5年前に学びました。

 

積極的に行動する人たちを「偽善者だ!売名行為だ!」と責めることもおかしいし、

また、そういった支援等ができないでいる人たちを「冷たい」などと言うことも間違っていると思います。

想いや行動は強制するものではなく、あくまで自発的なものだと思います。

 

 

なにもできなくて苦しんでいる方々も沢山いらっしゃると思います。

私も同じようなもんです。そういう場合はなにをすればいいか?私は考えます。

 

「今のお仕事や生活を精一杯すること」

 

5年前の自粛モードはすごく苦しかったと思います。

楽しい!や嬉しい!おめでとう!

を、なんとなく言ってはいけないような雰囲気・・・

それは不謹慎とは異なることだと思います。

 

被災者の方々を想う気持ちはとても大切だと思います。

しかし、自身の環境を制限するものではあってはいけないとも思うのです。

 

誰にだって幸せを噛み締める権利はあります。

 

誰もが心を痛めている時だからこそ、個人が幸せを感じることを禁じてはいけないと私は考えます。

 

被災していないみんなが心を痛めても、元気は失っちゃいけない。

 

精一杯、今を生きること。

それが明日への活力になっていく。そう信じてます。

 

ギリフォトワークス

片桐裕二

2016418194858.jpg

※5年前に被災したときの私です

201641823245.jpg